眠気と戦う日々

眠気と戦いながらいろいろと書くブログ

「マイクロサービスパターン」98ページまでの読書ログと今週のふりかえり #今日の30分

ツイート

マイクロサービスパターン

ふりかえり

前回の結果

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
    • -
  • 毎日何があったかだけでも記録に残す。
    • タイマーを設定したところ、やらなかった日は一日だけになった。継続。
  • Dockerの本を少し進める
    • -

今回の追加活動

前回の活動を継続。

「マイクロサービスパターン」44ページまでの読書ログと今週のふりかえり #今日の30分

ツイート

マイクロサービスパターン

ふりかえり

前回の結果

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
    • -
  • 毎日何があったかだけでも記録に残す。
    • 月、金のみ実施。ふりかえりより軽量なのでいったんこれが毎日になるように、タイマーを設定しておく。
  • Dockerの本を少し進める
    • -

今回の追加活動

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
  • 毎日22時頃に毎日何があったかだけでも記録に残す。
  • Dockerの本を少し進める

#今日の30分 ログ

ツイート

ビジネスモデル・ナビゲーター

マイクロサービスパターン

ふりかえり

前回の結果

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
    • -
  • デイリーふりかえりのやり方をYWTに戻す。
    • -
  • Dockerの本を少し進める
    • -
  • connpassでアジャイル系の勉強会を少し探す
    • 2つほどイベント登録。継続的に探す。

今回の追加活動

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
  • 毎日何があったかだけでも記録に残す。
  • Dockerの本を少し進める

「ビジネスモデル・ナビゲーター」KindleでNo.までの読書ログと今週のふりかえり #今日の30分

ツイート

ビジネスモデル・ナビゲーター

ふりかえり

前回の結果

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
    • -
  • デイリーふりかえりのやり方をYWTに戻す。
    • -
  • DockerでHello, Worldを表示するところまでは環境構築する。
    • ここまではできた。Docker周りの知識が少ないので、一旦そこを強化していくことにする。

今回の追加活動

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
  • デイリーふりかえりのやり方をYWTに戻す。
  • Dockerの本を少し進める
  • connpassでアジャイル系の勉強会を少し探す

「ビジネスモデル・ナビゲーター」KindleでNo.2633までの読書ログと今週のふりかえり #今日の30分

ツイート

ビジネスモデル・ナビゲーター

ふりかえり

前回の結果

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
    • -
  • デイリーふりかえりのやり方をYWTに戻す。
    • -
  • 購入したMBPで開発を行うように環境を構築する。
    • 結局未着手。何に手を出すかはっきりしていないためかもしれないので、使うと決めている部分をまずは埋める。

今回の追加活動

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
  • デイリーふりかえりのやり方をYWTに戻す。
  • DockerでHello, Worldを表示するところまでは環境構築する。

「ビジネスモデル・ナビゲーター」KindleでNo.1330までの読書ログと今週のふりかえり #今日の30分

ツイート

ビジネスモデル・ナビゲーター

ふりかえり

前回の結果

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
    • -
  • デイリーふりかえりのやり方をYWTに戻す。
    • -
  • 学習方針を現在、将来、変化の軸で考えて、不足を補う形で決める。
    • 現状分析のための知識不足を感じたため、ビジネス面として今の本を読み始めた。一旦削除。

今回の追加活動

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
  • デイリーふりかえりのやり方をYWTに戻す。
  • 購入したMBPで開発を行うように環境を構築する。

#今日の30分 ログ

ツイート

ファスト&スロー(下)

ビジネスモデル・ナビゲーター

ふりかえり

前回の結果

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
    • -
  • デイリーふりかえりのやり方をYWTに戻す。
    • -

今回の追加活動

  • 「今日の30分」とは別枠で本を読む。
  • デイリーでYWTを使ってふりかえる。
  • 学習方針を現在、将来、変化の軸で考えて、不足を補う形で決める。